<インタビュー>韓米合作映画主演のBoA 英語の演技に不安と喜び

<インタビュー>韓米合作映画主演のBoA 英語の演技に不安と喜び

【ソウル聯合ニュース】「一つとして楽なことはない。周囲の期待に応えなければと努力するときも大変だし、女優としてはスタート段階のため難しい」――。

 韓米合作映画「Make Your Move」(デュエイン・アドラー監督)に主演し映画デビューした歌手BoAが14日、韓国公開(17日)を前にソウル市内でインタビューに応じた。

 同作はすでに54カ国・地域に販売され、630万ドル(約6億4000万円)の収益を上げている。米国では18日(現地時間)に公開される。

 BoAはKBS第2で昨年放送された短編ドラマ「恋愛を期待して」(原題)に主演したが、2011年に撮影した「Make Your Move」が演技デビューとなった。

 BoAが歌手活動で多忙な毎日を送っていたとき、アドラー監督は日本まで来て台本を渡した。「台本を見ると全て英語だった。うまくやれるか心配だったが、監督が日本まで直接来たという情熱をみて承諾した。演技よりダンス中心の作品のため負担が少し減った」と明かす。

 BoA演じるアヤは日本で育った韓国人。アメリカンドリームを追って渡米し、ダンスグループのリーダーを務める。異なる環境で育ったダニー(デレク・ハフ)とダンスを通じて互いを理解し、恋に落ちるというストーリー。

前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

  • <インタビュー>韓米合作映画主演のBoA 英語の演技に不安と喜び
  • <インタビュー>韓米合作映画主演のBoA 英語の演技に不安と喜び

関連ニュース