インタビュー:ホン・ジョンヒョン「趣味は仕事。とにかく楽しい。そして運動、家族…」

インタビュー:ホン・ジョンヒョン「趣味は仕事。とにかく楽しい。そして運動、家族…」

ドラマ『ペク・ドンス』の世孫イ・サン役、『乱暴なロマンス』のソ・ユン役、最新ドラマ『チョン・ウチ』ではソ・ジャンヒ役を演じ、注目を集めているイケメン若手俳優のホン・ジョンヒョン。2013年の活躍が大いに期待される新星にインタビューした。

―まずは、デビューのきっかけから教えてください。2007年に「08 S/Sソウルコレクション」でモデルデビューされたんですよね。

「思春期のころ、ルックス、ファッションに興味を持ち始めて、モデルという職があるということを知りました。中学のころは小さかったのですが、高校生で大きくなったので…」

―俳優本格デビューは『No Limit~地面にヘディング~』(09)だそうですが、モデルから俳優を目指した理由は。

「実は、モデルと演技を始めたのはそんなに差がないんですよ。モデルの準備をしていたころなんですが、高校の先生が演劇の演出をされていて、演劇を見に行って、芝居が素晴らしいと興味を持ち始めたんです。モデルの仕事も興味ありましたが演技と両方できる学校にも行きました。で、モデルのほうがデビューは早かったですが、ほぼ同時で、短編映画などにも出ていました」

―『ジャングルフィッシュ2』(10)『ホワイトクリスマス』(11)の高校生役でかわいいと注目されましたが、そのころの思い出はありますか。

「『ジャングルフィッシュ2』は寒かったことが一番覚えてます(笑)。学生役だったので、自転車に乗ったり、制服を着ているんですが、すごく寒かったです。でも、学生に戻った気分で楽しかったです。『ホワイトクリスマス』は、モデル出身の俳優が多かったので、もともと知った顔が多かったので、気楽にスタートできました。でもこれも寒かったんですね。ああいった役は初めてだったので、期待もあったし、役作りも苦労したことを覚えています」

―『ペク・ドンス』(11)で、時代劇に初挑戦されましたが感想は。時代劇の衣装も似合うと思いましたが。 

「自分の演技は、客観的に見られないですね。自分がうまく演じているのかどうかがわからなかったんですが、現場ではうまくやっている、と言われたので、最後までやり遂げられたと思います。(時代劇の衣装が)似合うかはわからないですが、王様の帽子は似合ってるかなと思いました(笑)」

―『親愛なるあなたへ』(12)では、なんと、12歳年上のパク・ソルミさんの夫役でした。もちろん初体験だと思いますが、苦労した点は。

「(演技の)キャリアが長くないので、いろいろな役、ジャンルをやりたいと思っているんです。そんな中で、『新鮮』という面ではおもしろかったと思います。12歳年上の方とのカップルも初めてでしたが、苦労したのは、自分がまだ若いので、恋愛や結婚というものについてわからない部分が多くて、どうしよう、と最初悩みました。でも、無理に夫婦の姿を考えるより、恋人同士の延長として演じればいいのでは、と思ってやってみたらラクになれました」

東京= 野崎友子通信員
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 2

  • インタビュー:ホン・ジョンヒョン「趣味は仕事。とにかく楽しい。そして運動、家族…」
  • インタビュー:ホン・ジョンヒョン「趣味は仕事。とにかく楽しい。そして運動、家族…」
  • インタビュー:ホン・ジョンヒョン「趣味は仕事。とにかく楽しい。そして運動、家族…」
  • インタビュー:ホン・ジョンヒョン「趣味は仕事。とにかく楽しい。そして運動、家族…」
  • インタビュー:ホン・ジョンヒョン「趣味は仕事。とにかく楽しい。そして運動、家族…」

関連ニュース