クォン・サンウ、『痛み』のジャパンプレミアで舞台あいさつ

 俳優クォン・サンウが18日、東京・中野サンプラザで行われた主演映画『痛み』のジャパンプレミアで舞台あいさつに立った。映画のプロモーションとしては5年ぶり。

 現在クォン・サンウは、北京でジャッキー・チェンの最後のアクション映画といわれている『十二支』を撮影中だが、その合間をぬって18日昼に北京より直接来日したクォン・サンウ。舞台あいさつに登場し「こんにちは。クォン・サンウです」とあいさつすると、詰めかけたファンの大歓声でマイクの音がかき消されるほどの興奮に包まれた。

 本作品で、幼いころの事故のために痛みを感じなくなった男ナムスンを演じているが、この作品を選んだ理由として「シナリオを読んで、無感覚症の男性が一人の女性と出会ったことで、それまで感じたことのなかった感動と、違う意味での痛みを感じることに共感を持った。(観客に対して)かっこよくないわたしを見ると思いますが、逆に新しい挑戦でした。難しかったのですがぜひ演じる姿を見てほしいです」と作品をPRした。

 また、公式サイトへファンから多くの質問が寄せられ、「女性のどんな部分に魅力を感じる?」との質問に「どの男性もそうだと思いますが、ヒップライン…。詳細はちょっと」と照れながらも大胆に答えた。

 「40歳過ぎて独身の女性はどう思うか?」の質問には「問題ないです。大丈夫。今は韓国でもオールドミスという言葉がなくなりつつあります。結婚できないではなく、あえてしない形が多い気がします。45歳くらいまではいいのでは?」と話すと客席から爆笑。少し口ごもりながら「でも結婚はしてください」と言うと、さらに大爆笑となった。

 現在、あこがれのジャッキー・チェンとアクション映画『十二支』で共演中だが「驚くほど強靭(きょうじん)な方で、アクションシーンを撮っていますがまったく年を感じさせず、素晴らしいの一言です」と称賛。

 また「少女時代がフランスで公演中だったため、電話をしてお茶と食事をしました」と、フランスで撮影中にドラマ『シンデレラマン』で共演した少女時代のユナと会ったことを明かした。

 最後にファンへ向けて「この作品は忘れられない作品のひとつだと思います。今後もより良い作品に出演したいと思っています。急に寒くなりました、風邪などひかずに健康で元気でいてください」とメッセージを送った。

 痛みを感じない男と、わずかな痛みや出血が致命傷になる血友病患者の切ないラブストーリー『痛み』(配給:エスピーオー)は、2012年2月11日より、シネマート新宿ほか全国ロードショー公開。

東京= 野崎友子通信員
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

  • (C)Masako Hirayama
  • クォン・サンウ、『痛み』のジャパンプレミアで舞台あいさつ
  • クォン・サンウ、『痛み』のジャパンプレミアで舞台あいさつ
  • クォン・サンウ、『痛み』のジャパンプレミアで舞台あいさつ

関連ニュース