チョン・ダビンさん「頭の中がこんがらがってどうにかなりそう」

チョン・ダビンさん「頭の中がこんがらがってどうにかなりそう」


 「頭の中がこんがらがってどうにかなりそう」

 10日、首をつって亡くなっているのを発見されたチョン・ダビンさん(26)=本名チョン・ヘソン=が、遺書と思われる文章をミニホームページに残していたことが分かった。

 チョン・ダビンさんは「頭の中がこんがらがってどうにかなりそう。わけもなく腹が立ち、狂いそうだった。吐き気がするほどつらかった。頭がすごく痛くて涙が出た」と述べた。


 また、「神経質なくらい腹が立ってしまう脳の奴隷になりそうだった。泣いたり笑ったり、狂いそうだった。自分自身を見失い、自分の正体が分からなくなった」と付け加えた。

 さらに「突然、まるで電気に感電したようにきらめき、急に楽になった。神様がいらっしゃった。取るに足らないわたしを愛し、ばかみたいなわたしに自分の大切さを教え、勇気を下さる。わたしは大丈夫」と綴っていた。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

  • チョン・ダビンさん「頭の中がこんがらがってどうにかなりそう」
  • チョン・ダビンさん「頭の中がこんがらがってどうにかなりそう」

関連ニュース