イ・ビョンホン「父の不渡りで借金10億ウォン…ナイトクラブのイベントにも出た」 過去に再び注目

2021/12/04 22:01

 【STARNEWS】俳優イ・ビョンホンが10億ウォン(約9500万円)もの父親の借金を返すため、昼夜を問わず働いていた過去に再びスポットライトが当てられた。

 3日午後に放送された芸能情報番組『芸能ライブ』(KBS第2)では、「多額の借金を清算したスター」をテーマにした芸能人のランキングが公開された。

【写真】イ・ビョンホン&イ・ミンジョン結婚記者会見

 この日、トップスターのイ・ビョンホンが該当のテーマで7位にランクインし、注目を集めた。イ・ビョンホンは以前、「一日平均4、5時間寝ている。一週間合わせて5時間の余裕がある」と話し、忙しいスケジュールを打ち明けた。

 イ・ビョンホンは「父親が建設業をしていて、ベトナムで大きく事業拡大ををした。資金難に陥り、本人が持っていたお金、わたしのお金、知人のお金までつぎ込んだけれど、不渡りを出し、父親は一週間後にこの世を去った」と語った。

 イ・ビョンホンは「わたしは借金を返すため、生活人となり、手当たり次第に何でもやった。子どもの問題集の広告を撮影したのだが、(わたしが)ロボコップに変身した。わたしがロボコップのように変身して出てくると、体から問題集が出てきた」とした上で「光州から釜山に向かう、ナイトクラブのイベントにも出たことがある」と打ち明けた。

 当時、イ・ビョンホンが抱えていた借金はおよそ10億ウォンで、3年ですべて清算したという。

ハン・ヘソン記者

STARNEWS/朝鮮日報日本語版

issue編集部ピックアップ