BTSのV、ふくらはぎの痛み訴える「振り付けなしでステージ務める」

2021/10/24 21:18

 【STARNEWS】男性アイドルグループBTS(防弾少年団)のV(ヴィ)がふくらはぎの筋肉痛のためにいすに座ってステージを務めることが分かった。

 所属事務所BIGHIT MUSIC(ビッグヒット・ミュージック)は24日、BTS公式グローバル・ファン・コミュニティ-・プラットフォーム「Weverse(ウィバース)」を通じて、「Vは23日のリハーサル中にふくらはぎの筋肉の痛みを訴え、検査と診察を受けた。その結果、骨に異常はないが、当分の間、過激な動きを自制するよう診断された」と説明した。

 その上で、「本人は公演を行う意志が固かったが、医療陣の所見に基づき、本日のコンサートではVの動きを最小限に抑えることにした。このため、Vはいすに座って振り付けなしでステージを務める」と明らかにした。

 BTSは同日午後6時30分のオンラインコンサート「BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE(BTSパーミッション・トゥ・ダンス・オン・ステージ)」を行う。

イ・ドクヘン記者

STARNEWS/朝鮮日報日本語版

issue編集部ピックアップ