ジスの「いじめ疑惑」論争にKBS困惑…『月が浮かぶ川』どうなる?

2021/03/03 16:45

【NEWSIS】俳優チョ・ビョンギュ、パク・ヘスに続いてジスが「いじめ加害疑惑」に巻き込まれ、KBSが困った状況に追い込まれた。チョ・ビョンギュとパク・ヘスは放送を控えた段階で批判が起きたので、出演保留や放送延期で急いで火を消したが、ジスは既に月火ドラマ『月が浮かぶ川』が放送真っ最中なので、悩みは一層深まっている。

 ジスの所属事務所キーイーストは3日、事実関係の把握と共に、当該事案の解決のため最善を尽くしたいとする立場を表明した。

◆【写真】キム・ソヒョン&ジス主演『月が浮かぶ川』制作発表会

 キーイースト側は「電子メールで通報を受け、歪曲なしに事実そのままをまとめた後に判断するつもり。加えて、今回の疑惑を提起した人々の意見も聴取したい」とし、「指摘された時期からかなり時間が経過しており、事実かどうか、および関係を把握するのに時間が必要であることについてあらかじめご理解を求める」とコメントした。

 KBSとドラマ制作会社はまだ公式見解を出していない。

 KBSは、いじめ疑惑が持ち上がった芸能人について、出演を保留したり放送を先延ばしにするなど強硬な対処を見せてきた。

 先に、MCユ・ジェソクと共にKBS2新バラエティー『カムバック・ホーム』に出演する予定だったチョ・ビョンギュは、いじめ疑惑が続いたことで出演が事実上白紙となった。また、先月26日からKBSで放送が始まる予定だったドラマ『Dear.M』は、主役を演じるパク・ヘスがいじめ疑惑に巻き込まれたことで番組編成が延期された。

キム・ジウン記者

NEWSIS/朝鮮日報日本語版

issue編集部ピックアップ