スジ、小児がん患者のため1億ウォン寄付

2020/10/22 16:15

【NEWSIS】歌手で女優のスジが、小児がん患者のために1億ウォン(約923万円)を寄付した。

 「生命分かち合い実践本部」が22日に明らかにしたところによると、スジは最近、本部に1億ウォンを託した。スジは2016年から難病・小児がん患者のための治療費支援を地道に続けており、独居高齢者など経済的に困難な状況にある恵まれない人々への後援も行っている。

 また新型コロナウイルス感染症(コロナ19)克服と水害被災者、低所得児童・青少年のため、「全国災害救護協会」や「グッドネイバーズ」、「ばかの分かち合い」にもそれぞれ寄付を行った。

◆【写真】ナム・ジュヒョク&スジ主演『スタートアップ』ファイト!

写真=tvN提供

 さらに、韓国のテコンドーPRのため「幸せ分かち合いテコンドー連合会」に援助を行い、低所得層の女性青少年の生理用品購入のためLANCOMEビューティーブックの売上を使うこともあった。

 生命分かち合い実践本部側は「これまでスジが後援した寄付金で、白血病・小児がんなど難病で苦しんでいる患者のための生命分かち合い基金を作った」とし、「今後、福祉の死角地帯で困難な状況にある患者を掘り起こし、スジの名義で治療費を支援する計画」とコメントした。

イ・ホギル・インターン記者

NEWSIS/朝鮮日報日本語版

issue編集部ピックアップ