コン・ヒョジン、『椿の花咲く頃』が収めた成果を祝う=百想芸術大賞

2020/06/06 15:00

 【edaily】女優コン・ヒョジンが百想芸術大賞授賞式に出席し、主演ドラマ『椿の花咲く頃』(KBS第2)が収めた成果を祝った。

 コン・ヒョジンは5日、写真共有ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「インスタグラム」に「本当にうれしいです」という書き込みとともに写真を数枚掲載。公開された写真を見ると、この日開催された第56回百想芸術大賞授賞式に出席した『椿の花咲く頃』チームの姿が収められている。

 この日は新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、無観客で授賞式が行われ、人と人との距離を確保するため間隔を空けて座っているスターたちの姿が目を引いた。

 なお、『椿の花咲く頃』はドラマ部門大賞をはじめ、テレビ部門の最優秀演技賞(カン・ハヌル)、助演賞(オ・ジョンセ)、脚本賞(イム・サンチュン)を手にし、四冠を達成した。

キム・ミンジョン記者

edaily/朝鮮日報日本語版

issue編集部ピックアップ